共通する注意点を知る

元気な時に挑戦しよう

自分の体調を考えて、ウィンタースポーツに臨んでください。
予定を前もって決めてゲレンデに行く人が多いと思います。
ですが、急に具合が悪くなってしまうことがあります。
その時は無理しないで休みましょう。
スノーボードやスキーは、1回滑るだけでかなりの体力を使います。
また広いゲレンデを歩き回るだけでも疲れるので、健康でない時は状態が悪化してしまうかもしれません・。

また子供を連れて行くときも体力面に気をつけてください。
子供の時からいろんなスポーツに挑戦させるのは良いことですが、体力がないのに無理に滑らせることはしないでください。
疲れている状態では、何をしても楽しくありません。
体力を温存しながら、少しずつ滑りましょう。

休憩する時に注意

マナーの悪い人は、疲れたゲレンデの真ん中で休憩してしまいます。
それはマナー違反なので、休憩する時は邪魔にならないよう端に移動しましょう。
真ん中で座り込んでいると、スキーやスノーボードを楽しんでいる他の人に迷惑をかけます。
ぶつかって、お互いがケガをすることもあります。
ゲレンデの近くにはカフェやレストランもあるので、本格的に休憩したいと思ったらそちらに移動してください。

たくさん滑って疲れても、休憩を挟めば体力が回復するのでまたすぐに滑ることができる状態になります。
体力に自信のない人は、こまめに休憩を挟んでください。
遊び過ぎて、ゲレンデから移動できない状態にならないよう自分の体力を考えて滑ってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る