ウィンタースポーツの種類

道具の設定

スノーボードを購入したばかりのころは、まだ足にフィットしません。
それでは滑っている最中に足から外れて、転ぶ恐れがあります。
滑る前に、足にフィットさせてください。
また、自分の足に合わせないと意味がありません、
人によって足の大きさは異なるので、必ず自分がスノーボードに足を合わせてセットしてください。

ですがきつく締めすぎると身体に負担が与えられます。
ちょうど良くフィットするように、プロに相談しながら調整した方が良いです。
初心者が適当にいじると危険なので、プロの指示を聞いてください。
不安を感じていても、プロに任せていれば足に合わせてくれます。
その時にやり方をよく見てください。
見て覚えれば、自分でできるようになります。

リフトの使用

雪山に自分の足で登るのは辛いので、ほとんどの人はリフトを使うと思います。
ですがスノーボードに慣れていない初心者がリフトを使うのは、控えた方が良いです。きちんと足を乗せないと、リフトから落ちる危険性があります。
スノーボードを足に固定している状態なので、通常と異なります。
まずは平地で、自由にスノーボードを足で操れるようにしてください。

その状態になれば、リフトの上でもしっかり足を乗せて移動することができると思います。
早く高い位置からスノーボードで滑りたいと思っているかもしれませんが、初心者は平地で練習することがとても重要です。
何度も練習を積み重ねれば、すぐにコツを覚えるのでリフトに乗れるようになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る